<   2015年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

花、花、花…

 退職者辞令伝達式なるものに行ってきた。

 まあ、形式ですよね(笑)昔なじみの同期の方に会えたのがうれしい。彼女はあと2年はがんばるらしい。すごいなあ。

 久しぶりに通勤路を車で通る。市役所には右折なのに、つい長年の習慣で直進してUターンした。なんてこの道の周りの景色は美しいんだろう!今日限りでこの道を毎日通うこともないと思うからか、春爛漫の美しさが身にしみる…

 一斉に咲き誇っている花々。今日が退職の日でよかった…そう思える春景色だった。

 そういえば、一生のうちでこんなにうちにも花があふれていたことはない。

 子供たちから一輪ずつもらった花。卒業生からもらったかわいいブーケ。PTAの皆様から頂いた花。25日に職員の皆さんから頂いた花。そして、29日の結婚式で頂いたテーブルのブーケ。

 見るたびに涙ぐんでしまう自分(笑)

 伝達式の後、最後のご奉公で「新入生誓いの言葉」なるものの指導に行った。残念ながら靴箱の名札は外され、更衣室のロッカーには違う人の名前が貼られ、今日まで自分の机のはずが、次に使う人の名前の立て札が立っていた。

 ちょっと悲しいな、みじめだな…でも、お仕事はお仕事。

 うちに帰ってきたら、子供たちにもらったスイートピーやらガーベラやらカーネーションやらが黙って迎えてくれた。これで、お仕事とは縁がなくなりましたね。

 夫も定年退職で今日は宴会だとか(笑)一人でワインで祝杯をあげます。(ちょっと寂しいお一人様)

d0195623_1963396.jpg


 もう食べちゃったけど、「リリエンベルグのお弟子さん筋のお店があるんだよ~おいしいんだよ~」って、卒業生がプレゼントしてくれたお菓子です。(笑)ほんとにおいしかったです!よければ、ごひいきに。
[PR]
by bel-sogno | 2015-03-31 19:08

ハードル

 京都から帰って、同僚の「自称イケメン」先生の結婚式。

 とってもいい子なの010.gif

 卒業式に例の担任大好き男子に「いつもくだらないだじゃれを言って、誰も笑わなかったけど、いい雰囲気の授業をありがとうございました!」と言われた先生です。「自称イケメン」は自虐ネタで言ってたんだけど、あいにくホントにイケメンなので、自分で言っちゃうと本気なんだかギャグなんだかわからなくなるのよね…(ギャグにはうるさい私…)

 ところが式の中で「男らしい!」という単語が奥様から、「カリスマ」という単語が大学時代の友人から出てきて、私たちのテーブルはざわめいた。

 だって、「新郎の入場です!」と式場に入ってくるだけで笑いを取れる人なんですよ!(ただ普通に入ってきただけよ?!)

 「テーブルでメッセージをお願いしまーす!」とカメラマン(ビデオマン?)が回ってきた。
どうする?どうする?と慌てふためいた結果K教諭が

「今日からは、自称イケメンじゃなくって、男らしいカリスマイケメン先生と認定しまーす。ご結婚おめでとう!」と叫んだ。

 ハードル上がっちゃったなあ(笑)でも、幸せ一杯だからいいよね?!

 私もこれからの生活、自分でハードルをあげなくちゃ…と、いつもは乗ってしまう駅までのバス(たった3駅なのに乗るのがあたりまえ…になっていた)をやめて(往復だよ!)歩いてみた。京都で足が棒になるまで歩いたので、このぐらい平気だった(笑)

 ハードル、低っ(笑)

 この式場、なかなか雰囲気もおもてなしもお料理もよろしく、カメラが壊れて記録できなかったのが残念…聖歌隊に、ソロ歌手に、ハープに金管楽器に弦楽器に…と、ちょっとしたコンサートでしたよ。奥様も超!美しい方でした006.gif

 お幸せに~053.gif
[PR]
by bel-sogno | 2015-03-31 11:52

最後の…

 修了式のあった25日の夜。子供たちが「はい!」「はい!」と手を挙げてくれる、なんとも幸せな授業をしている夢を見た。「先生」をやめたとたんに、夢の質まで変わるのね(笑)今まではなんだかけっぽってそれに驚いて目覚める…なんて夢ばっかりだったのに。…とあちこちで言いまくり、「へえ…そんなもんですかあ。」と何とも言えない表情の現役ばりばりの皆さんの反応を楽しんだ…のですが…

 今日は31日。なんだか「退職者」を祝うんだか、「おまえはここでお仕事終了!」と言い渡すのかの式が市役所で執り行われる。そういったことで、ちょっとナーバス(笑)になっていたのか、今までにないリアルな夢を見た。


 めちゃめちゃおとなしくて話し出すまでに1分ぐらいかかる…という子が実際いたのだが、学校に行ってみると、その子がなんちゃって制服を着てとなりの男性教員の机の上に寝そべっている…?!
「どうしたの?!」とその子を外に連れ出して、説教するも
「今は、なんにも言わないで!」とその子に懇願され、2人でなぜか抱き合って泣いてしまう…

 学校はぐちゃぐちゃで、先生たちも子供たちも野放図に動いている。…と、そこに緊急放送がかかって「○○(知らない人の名前だった)が今そちらを通ります!が、見過ごしてくれれば何事も起こりませんから!」


 いったいこれは何なの?!しばらく呆然としていた…


 はぁ…逆夢でありますように…

d0195623_1134369.jpg


 「ふく」でお祓い(笑)久ーーーしぶりの「ふく」めっちゃおいしかったの(笑)
[PR]
by bel-sogno | 2015-03-31 11:36

京都3日目の前に

 今日は地元でふらっと(しつこい?!)お花見。

 桜の木の下でちょこっと憩う。こんなに風が気持ちよくて、こんなに桜が 咲き誇っているのに、いるのは私と名も知らぬ鳥だけ。

 住宅地の夕方は静まりかえって、すぐ目の前の家々の窓にはカーテンがかかっている。窓を、せめてカーテンをあけようとは思わないのだろうか?

 今のところに引っ越してから20年ほどたつが、決め手の一つは窓からのプラタナスの紅葉がきれいだったから。(単なる街路樹だったんだけどね)窓から桜が見えるおうちってのもありだったなと、今頃になって思う。

 忙しいのだろうな…昼間はおうちに人がいないんだろうな…もったいないな…と思った。もったいないことをいっぱいしてきただろう私が言うのも変だけど、鳥さんと桜を見ながらそんなことを思っていたら、おばさまとむちっとした柴犬君がお散歩でやってきた。柴犬君は桜なんか気にしていないようだった。(笑)

 そういえば、哲学の道には猫ちゃんがいっぱい。彼女たちはじっと座って「あたしたちの居場所」を堪能しているようだった。桜も咲き始めたなんて、彼女たちの方がとっくに知っていたに違いない。
[PR]
by bel-sogno | 2015-03-30 16:24

ざぶとん一枚

 京都2日目。

 朝一番のお仕事は嵯峨野の町屋カフェの名前と電話番号ゲット。こんなとき、スマフォを持っていると、便利なんだろうな?!でも、わたしにはつかえないもーん!と、フロントへ。
「ご自由にお使いください」と一台のPC。ありがとう!PC…

 「嵯峨野祇王寺付近カフェ」で検索すると出てくる出てくる…

d0195623_14312589.jpg


 その中から、このお店の風景とメニューにヒットしたのが「ふらっと」。そうだった!そんな名前だったよ。駅前の店もこのお店も11時からの営業なので、午前中はどこかをふらっとして、11時に電話をしてみようということになる。

 友人も哲学の道に行きたいというので、

 平安神宮→哲学の道→南禅寺と東山あたりをふらふらっとする。

 すると、平安神宮の北側に「御辰稲荷神社」という由緒ありげなお稲荷様を発見。「京の風流きつねは、お琴の上手なお辰の白キツネと、碁の好きな宗旦きつね」と言われる「お辰の白狐」をおまつりしているところで、芸事の上達に御利益があるとか!これから芸事を究めようという私にぴったりではないのお?!なんてね…

 哲学の道には三つ叉の大きな株が花をつけていた他、大きな桜が一本だけ花をつけていた。気温も上がってきて、日射しが気持ちの良い一日になりそう。哲学の道を銀閣寺に向けて上がることはせず、南禅寺の方に降りていくことに。
 朝だからか、観光客もまばらでいいかんじ。南禅寺はいつ来ても、好きなところです。厳粛な中にも心がのびのびする不思議なお寺です。水路閣に上り、疎水の流れを耳にしながら、森林浴の趣の中、蹴上の駅にむかいます。

 ちょうど11時です。可能性の高い嵯峨野のお店に電話します。
「ございますよ。」とご主人の柔らかな京都弁が。着払いで自宅まで送ってもらえないかと尋ねると困っている風情。「午後、取りに伺います。」と電話を切る。

 つきあってくれると言う友人に感謝して、またJRに乗って嵐山に向かう。

 そして…

 上着との再会!私が置き忘れた椅子の背にそのまま掛けておいてくださっていた。なくしたらなくしたでいいか…あきらめよう。いや、あれはシルクでけっこうな値がしたのだ…ああ、自分のばかばか…と、昨夜自己嫌悪に陥っていたその上着。
 ああ、ここにいたのね!あきらめるだなんて言ってごめんね!もう、旅行中は絶対脱がないからね!

 …と思ったのですが、友人のすすめのPAGONGというお店に行ったときは、試着のため脱いでしまいましたね(笑)このお店、三条にもお店があり以前行ったこともあるのですが、本店は初めて。「琳派」の意匠を取り入れての新しい柄がいくつもあり名付けて「りんぱごん」。

 いいじゃないのお!わたしの大好きな「だじゃれ」ですね!
思わず「流水四季草花図」「けし」の文様のTシャツと「花車と宝尽し」文様のチュニックとしても着られるブラウスをお買い上げ(笑)

 これからは、だじゃれを言う相手もいなくなっちゃうことに、はたと気づいて寂しくなった(笑)

 
 自宅に帰ってきて、大好きな「笑点」を見る。50周年を記念してなぜか手相の話で盛り上がっていたが、歌丸師匠の手に「神秘十字」があると言う話になり「神秘十字は運が強い、いや、悪運が強い」と大騒ぎになっていた。

 何を隠そう。わたしも両手に「神秘十字」があるのだ。

 そっかー。悪運強かったのか(笑)「なっ…とく!」(このギャグは、もう流行ってないね…)

 だじゃれにひきながらも楽しんでくれる子供たちとの生活はもうないけど、この運の強さ(笑)で、いろんなことをおもしろがって
「ざぶとん一枚!」の精神で、いろんなことに挑戦していこう。
[PR]
by bel-sogno | 2015-03-30 14:37

またまたハプニング

 人生最後の修了式の(実は修了式に出ずに、裏方の仕事をしていたんだけど)翌日、私は京都にいた。来年度の修学旅行で「御殿荘」という旅館を使う友人がその下見もかねて京都に行くのでと、誘ってくれたのだ。

 「御殿荘」。今までたびたび旅館候補にあがったけれども、泊まることのできなかった「名」旅館。なんてったって「御殿」ですぞ!二つ返事でOKして、初日は初「嵯峨野」。

 野宮神社→落柿舎→二尊院→カフェ→祇王寺→滝口寺

 JRの嵐山駅前や野宮神社あたりは、「THE観光地!」としか言いようのないすさまじさだったけれど、しばらく歩いて、ふっと景色が広がったかと思うと、田んぼの向こうに茅葺きの落柿舎。水仙や沈丁花と名残の梅が薫り高くて、いつまでもぼーっとしていたい、そんな庵でした。

 次は「二尊」だなんて、どうなってるの?と興味津々だった二尊院。残念ながら、本堂(?)修復中で、お庭のみの拝観だった。堂々たる参道にまだつぼみの桜。そして、まだ萌え出ていない楓。うーん…妄想するしかないぞ…この参道は「紅葉の馬場」というらしいので、秋にはぜひリベンジしたい。でも、今年は「だめよ~だめだめ」修復が終わんないからね。(笑)しかも、ここは「小倉あん」発祥の地。

 だから…というわけでもないが、足も疲れたのでお茶にする。祇王寺に向かう途中に京町屋カフェを発見。あったかいお抹茶におだんごが浮かんでいてあんこも入っているという3種類の味を楽しみ(いつのまにかあんこ嫌いじゃなくなってる自分…)、祇王寺へ。

 角を曲がって緩やかな傾斜を上っていくと、急に空気がひんやりしてくる。その取っつきに「祇王寺」はあった。閉門5分前!という危ない時間だったが、だからこその風情。苔むしたお庭のあちこちに野草が植えられていて、かたくりの群生まで!小さなお堂には教科書で見た祇王、祇女、仏御前、祇王の母の像。見えにくい位置ではあったけれど、平清盛の像も安置されていて、清盛さん。ちゃんと反省できたのかなあ?その場所、いづらくない?なんて(笑)

 しかし!ここで第一のハプニングが。思えば、京都に来る以前にも変だな?と思っていたデジカメが、とうとう壊れたのだ!!!なんかハレーションを起こすなあ…と思っていると「!レンズ制御エラー」の文字が!
 このデジカメ、以前も鎌倉の報国寺で野草の撮影をしようとしていたときに、おんなじ事が起きたのです。秋と春の違いはあっても、同じ「お寺」「野草」というくくりでのデジカメの乱…

 
d0195623_1481171.jpg

 なんとか撮れた「かたくり」の花。

 祇王寺の出口の脇の石段を上ると、そこは滝口寺。山の一番高いところに建てられた滝口寺には人は誰もおらず、心細い雰囲気。「滝口入道はんの~」というお話をしてくださる方はもうおいでにならず、ただただ寂しい寂しいお寺でした。昔の人の気配のようなものが漂っている、そんなお寺でした。


 さて、足もくたくたになったので、お宿に…夕飯も頂き、お風呂にも入り、さてさて…というときになってふと気がついた。


上着が…ない!

 昼食を食べた京都駅ビルのお店(これはレシートがあったので、電話番号もわかる)か、嵯峨野の町屋カフェしか考えられない。こっちはお店の名前も覚えていない上、レシートもなかった…

 やっちまった…明日、ネットでカフェの名前が見つかることを祈ろう。

 
d0195623_1421644.jpg


 この画像のおかげで、カフェの名前がわかったのです!それは、次の記事で。
[PR]
by bel-sogno | 2015-03-30 13:38

ハプニング

 卒業式での「別れの言葉」

 ずんずん進んで、先生たちへの言葉になった。担任の先生が大好きな少年が立候補してて(笑)、彼の原稿は担任の先生にピンポイント!だったのだけど、無理矢理学年全部の先生にあてて一行ずつ付け加えさせ(笑)真打ちに担任の先生を出して、思いの丈を話す…というふうに事前打ち合わせ済み。

 ところが!

 最初からアドリブで来た!学年主任の先生に対して、もとの原稿は「実験で、試験官壊してごめんなさい…」だったのに、「こんな僕たちに、学年主任…ごくろうさまでした」と、殊勝な言葉に。おー!そう来たか、えらいねえ!…と思ったら

 「○○(私の名前が入る)先生!…授業中、…ときどき、…おもしろかったです!…すてきなお姉様でした!」(…の間はわたしとしっかり目と目を合わせていました!)

 これには、並んでいる卒業生からも在校生席からも、どっと笑いが。

 おいおい!打ち合わせと違うだろ?!君は「ダメなことはダメといい、僕たちの話を親身になって聞いてくれ、アドバイスもくれました。」と自分で書いたんでしょ?!(いい先生アピールが最後にできて、うれしいじゃん!って思ってたの…浅はかにも…)

 彼は、ニヤっと笑うとその後は、原稿通りに笑いも取りながら読み進んでいき、担任の先生に対してのラブコールの部分に突入。ここで初めて3年生を卒業させる担任を泣かせる!という手はずだったのですが、予定通りの原稿の途中で、


「膝カックンして、ごめんなさい。髪留め取ってごめんなさい。名前を何度も呼び捨てにしてごめんなさい。」と挿入!

 会場は大爆笑。

 そして彼は知らんぷりで、「でも、先生がいてくれたおかげで、僕はここまでこれたし、成長できたと思います。感謝しています。すごく、すごく感謝しています。」と話を閉じた。


 卒業式後、さっそく2年のある担任が「先生も来年、あんなこと言ってもらいたいでしょ?」
と、膝カックンされたとかされなかったとか。


 ごめんなさーい。言葉担当は私でしたぁ…でも、原稿にはなかったんだよぉ…


 クラスに帰って、子供たちが一輪ずつお花をくれました。一番多かったのがスイートピー。花言葉を調べたら、「門出」でした。

d0195623_16255733.jpg


 いい卒業式でした。



 

 
[PR]
by bel-sogno | 2015-03-22 19:23

幸せ者

 卒業式が無事、終わった。

 思春期の子供たちを支えなきゃ!と思って長年頑張ってきたけど、実際、子供たちに支えられてやってこられていたのだ。応援してくれる保護者の皆さん、ついてきてくれていつのまにか担任を超えて、広い「愛」で包んでくれた子供たち。

 たくさん、たくさんのことがありすぎて、涙が止まらない。

 ありがとう。ありがとう。みんな。

 わたしもちゃんと「卒業」します。

 来週、3つの授業を残すのみとなった。

 そのとき、自分は、どんな気持ちになるのだろう?
[PR]
by bel-sogno | 2015-03-20 20:16

春の味

 ようやく、来週の金曜日が「卒業式」というところまでやってきた。


 最後だから…早く(学校の)中庭の梅の花が咲かないかな?裏庭のふきのとうが顔を出さないかな?と、心待ちにしていたけど、今年は寒かったからなのか、変な時期に梅の剪定をしたせいなのか、変な時期に裏庭を掘り返したせいなのか…どっちも気配すらなかった…

 ところが!なんとようやく先週の終わり頃、どっちも顔を出してくれたではありませんか?!

 じゃあ、さっそく「ふきのとう味噌」を作るために「いざ、収穫!」
…大喜びで校舎内に戻ろうとしたら、なんと?!閉め出されたではありませんか(笑)ちょうど夕方から警備さんが入れ替わって、閉め忘れた扉と勘違いされて、内側から締められた模様…うちの校舎は迷路?のようになっていて、ふきのとうが生えている裏庭はその一カ所からしか校舎に入れず、敷地外に出るにも、(低いけど)柵を乗り越えないと出られない仕組み。

 どうする?!

 乗り越えて、敷地外に出るしかないか…と出られそうな所を物色していたら、内側と外側に15センチ分くらい煉瓦や石を積んであるところを発見(笑)誰か、私と同じ事を考えた人がいるのね?授業抜けとかではありませんように…

 来年とか、見つけた人がいても、私ではありませんからね。前からあったんです(笑)…ということで、無事今年も「ふきのとう味噌」が作れるくらい収穫できました!

 
d0195623_16431865.jpg




 卒業式と何にも関係ない、いやいや、ほろ苦いお話。

 過ぎてしまうと美化されてしまうようだけど、毎年卒業式前に繰り返されるほろ苦いことも、あるんですよ…このほろ苦ネタは、時効になってからでないとお話しできませんが…

 笑って卒業できるように、もう少しがんばるべし。
[PR]
by bel-sogno | 2015-03-15 16:45

ちょびっと「お得感」

 PCの付近に水晶のさざれや植物を置くといいと風水の本に書いてあった。

 血液型とか動物とか風水とか星座とか月とか…「占い」というものに弱い。(笑)いいと言われると、やってみなくちゃ…と思う。かといって、何でも取り入れるかというとそうでもない。きっと基準は「好きか」「好きでないか」…それじゃ、自分勝手ってこと?!

 おいといて…

 小さな小瓶(?)にベランダの鉢植えから切り取ってきたローズマリーを差していた。久しぶりに水を替えてみようとして、びっくり?!ふさふさに根っこが生えていたのだ!!

 ごめーん、放置しっぱなしで…そして、うれしー053.gif

 さっそく別の枝を摘んできて、根っこの生えた枝は土に。枝が小さいので部屋に香りが漂う…なんてことはないが、枝に触れると清涼感あるいい香り…お料理にも使えるんだよね~まだ、生の葉っぱは使ったことないけど(笑)

 退職したらいろいろしたいことがあって、楽しみだよん056.gif
 
 このところ、せわしかったんだろうね。突然「年賀はがき」の当選番号も調べていなかったことを思い出し、分類&検索(笑)

 なんと?!7枚も切手セットが当たったではありませんか?100枚に2枚ぐらいの当選率らしいですから、すごいですよお!!

 また、思い出した!
 先週学校の裏庭にそろそろふきのとうが生えてるんじゃないか?と思って見にいったけど、まだ?影も形もなかった…でも、昨日の好天と今日の雨とで、そろそろ来週ぐらいはいけるかも?!そしたら、また「ふきのとう味噌」作ろう。001.gif

 こんなことが、ささやかな幸せ(笑)

 あ、さざれも置いてるよ。出雲大社にお参りした際御神酒を頂き、そのかわらけをそのまま持ち帰ることができたので、そこに松江で出会ったパワーストーンの福袋に入っていたさざれを置いている。

d0195623_12292270.jpg


 ピンぼけ…うふふ。
[PR]
by bel-sogno | 2015-03-01 12:12

ずっこけ人生 カンターレ&マンジャー&アモーレ あと数年で定年を迎える中学校教員です。旅行が好きで、年中どこかに行きたいと心に翼が生えています。写真は念願かなって行けた沖縄のかの有名な斎場御嶽です。


by bel-sogno