<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最後の修学旅行 続き

2日目の夜です。宿で扇子の絵付けをすることになっていました。広間が狭いため、二交代制。班行動の遅れから、時間が押していました。私たちも体験できるというので、扇子にクラスの子供たちの名前を書いてみることにしました。

 若手のM嬢が「アイデア、頂いてもいいですか?先生が名前で書いてるので、私は姓で書きたいです。」と言うので、「どうぞお!」

 「あと、15分です!」「5分です!」「1分です!」などとせかされ、(前半の体験クラスは時間はしょられちゃったらしい…)それでも下書きを準備してた子たちはできあがったらしい。私たち二人は「無理!間にあわない!」と焦っていました。

 帰って行く子供たちがめざとく私たちを見つけて、「M先生、うまーい!」「私たちの名前書いてくれてるんだ!」など言う中に「あ、先生は書道教えないタイプの先生だって、よーくわかりました。M先生の方が、うまいですね!」「先生!俺の名前が…ありました」「先生、俺の名前の字、…合ってます!」

 うるさーい!022.gif集中できないよ~!007.gifあっち、いけえ!041.gifほっといてくれえ!ほんとのこと、いうなあ!037.gif

 ようやく、最終日。もめた班もなんなく出発していき、閑散としたロビーに教員だけ残りました。この瞬間、けっこうほっとするんです。もうすぐ終わる…やっとここまで来た…

 今回訪れたのが「等持寺」と特別拝観の「相国寺」。お昼は錦市場の「やお屋の二かい」
10何年ぶりの「等持寺」。訪れる人も少なく、芙蓉が満開。金木犀は香りを放ち、萩が花開こうとしていました。尊氏のお墓や蓮の形をした庭園を囲む芙蓉池、変化に富む石組み。お庭に降りて、小高いところにある「静漣亭」を見学した。北庭の東の方の「心字池」はガイドのF氏が「いいですよ」と教えてくださったが、今回は相国寺に回るのでカットせざるを得なかった。ぜひ、今度はそちらも回りたい。その景色は「幽邃」とパンフレットにありました!

 「心字池にかかる 三つの赤い橋は 一つ目が過去で、二つ目が今…」さだまさしの歌がよぎった。ここも、一日ぼーっといたい御寺でした。「金閣寺」にしろ、「竜安寺」にしろ、ここ「等持院」もいわゆる紅葉の名所ではないけれども、なかなか美しいのだと、F氏が教えてくださいました。
d0195623_1539994.jpg
 
真ん中の立て札が無粋ですが…
d0195623_15405987.jpg

芙蓉池と清漣亭
[PR]
by bel-sogno | 2014-09-30 15:37

最後の修学旅行

 オペラ・アンサンブル・コンサートの2日後。奈良でーす!!

d0195623_14142076.jpg

 夕暮れの薬師寺西塔です。薬師寺と言えば、お坊さんのお話。ノリノリでお話を聞く子供たち。「君、おもろいな。」「残って修行するか?」などお坊さんに突っ込まれるユニークな反応をしていたのは、ほとんどが我がクラスの男子でした。(笑)

 初日は団体行動。平等院→法隆寺→薬師寺→お宿

 萩の花が咲く平等院では、ミュージアムで飛天や鳳凰を鑑賞。法隆寺では、あまりの暑さに熱中症対策としてのペットボトル購入について話し合い、何も鑑賞できず。(笑)なぜか、私が法隆寺に行くときはピーカンで、「あ・つ・い!」(一昨年だけ、台風にあたったので、暑くありませんでした)のです。「薬師寺」まで欲張るのはあまりないため、6年ぶりに夕日の中の薬師寺を堪能。ほんとなら、ここから唐招提寺まで散策したいところです。

 翌日は班行動です。奈良から京都の宿に向かいます。私のお仕事は、まず興福寺の国宝館前でのチケット配布。日陰がなくてまたまた「あ・つ・い!」。次のお仕事、清水寺仁王門前でのチェックのために早めの移動。その前にこれまた久しぶりの「国宝館」に入場。リニューアルしてから初めて入ったのですが、展示の仕方が実にすばらしい。昔は、殺風景なコンクリートの建物に、ガラスケース越しの古色蒼然とした仏像…といったイメージしかなかったのですが、「古代紫」をうまく取り入れ、配置・動線ともに考え尽くされた展示。

 今回、子供たちが「国宝館」「ミュージアム」の展示をしっかり見ていたのは、暑さから逃げるため…というだけではなかったように思えます。(笑)一日でもいられるなあ…と思いましたが、そこがお仕事の辛いところ、10分ほどで近鉄奈良駅に向かいました。

d0195623_14354179.jpg

清水寺仁王門

 さらに日射しの強くなった昼下がり。狛犬にへばりつくようにして、(そこしか日陰がない…)子供たちを待ちます。4つのグループをチェックしたあとは、自由時間~!!八坂神社まで京都らしい道をたどり、ジュヴァンセルのカフェでお茶して、お土産を買って…なんて楽しみにしていたのに、カフェは20人待ち。あきらめて、高台寺御用達の前田カフェに入り、アイスコーヒーと抹茶のロールケーキを一口。…と、そこに緊急の電話!

 そう、私のこの時間は「自由時間」ではなく、「緊急時対応待機」だったのです。

 あわててコーヒーを飲み干し、ちょうどレジ横に売っていた「はれま」のおじゃこを買い、も一度清水に戻ります。足が「い・た・い!」

 班員同士のトラブルで「キレて」しまった子のケアで呼ばれたのでした。ご飯も食べていないというので、途中阿闍梨餅を一個買い、食べ物で釣ってみようか作戦。

 しかし、そううまくいくはずもなく、結局助けてくれたのは昨日おもしろい反応をしていた男子たちでした。同じ班の子たちとはまだ確執が残っているので帰ることは無理だろうけれど、先生に連れられて宿に戻るのは、彼のプライドを考えるとできるだけ避けたい。頼んでみると
「いいっすよ。(連れて)帰れると思うよ。たぶん…」という返事。しかも、男同士直接声をかけるより、女の子(うまいぐあいに、その班には彼とコンタクトのとれる女の子がいたのです)から声をかけさせるほうがいいという秀逸な判断で、7人で坂を下っていきました。

 「あ・り・が・と・う!」

 「私たちに非はありません!」と言っていた班員たちに、明日(これまた班行動。タクシーですが)に向けての話やら助言をし、なんとか彼らも納得して坂を下りていきました。中の一人の男の子に「君が頼みなんだよ。」って言うと、宿に行ってからもあれこれ気を配ってくれ、わざわざ「もう大丈夫でーす!」と報告に来てくれました。

 「よ・か・っ・た!」

 かくして、わたしの自由時間はなくなり、結局5時過ぎまで清水前でのチェック。最後のグループとともに宿に向かいます。しかし、まだ坂の辺りに子供たちがいるのでは?と、再び八坂の塔に向かって降りてく羽目になりました。宿でのチェックが始まる時間となると、本部とは連絡が取れないので、現地判断で清水道バス停から宿に戻ることにしました。

 足は「棒」となり、東山の人混みを堪能し、宿に最終到着。のはずが、まだ3グループ帰り着いていません。まずい!東山に取り残してきちゃったか?!

 しかし、よく聞くとそうではありませんでした。一つは五条坂で分かれた最終グループの子たち(教員付き)。あと一つはバスに乗れなかったため、駅前の宿まで徒歩で向かっている子たち。もう一つはバス乗り間違いで駅の向こうまで行ってしまった子たち。

 とりあえず、自分の範囲内の責任でなくて、ほっ…(笑)
 最後の二つは我がクラス…宿の前に出て待っていると、どちらも私を見つけて、走ってきました。その勢いで笑顔で帰着チェック報告をして、担当の先生に怒られていました。

 安心したから笑ってただけだったのにね…でも、ここは謝罪しなきゃなんないよね。清水でもそうでしたが、「いやあ、先生たち見たら、安心したわあ!」なんて言って、「聞いて、聞いて!」「俺たち、伏見稲荷頂上まで行ったんっすよ!」「三十三間堂で、Tに似た仏像いたんですよ!」と、話し始めたら止まらない子たちでした。

d0195623_158228.jpg

何回見たかな?夕日の中、シルエットとなる八坂の塔
[PR]
by bel-sogno | 2014-09-30 14:15

コンサートのち修学旅行

 「指輪展」での予習のおかげ…、いえいえご指導の先生方のおかげで、無事オペラ・アンサンブル・コンサートが終わりました001.gif応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!!

 初めてのホールでしたが、音響もよく、気持ちよく歌える…はずでしたが、3曲目の自分のソロ「宝石の歌」でようやくその気持ちになれました。(笑)先生方が曲順を歌う側にとってよいように…と考えてくださったのがよーくわかって、ありがたいなあと…。1曲目はI先生との女性同士の二重唱。これで声を出しておいて、難曲(わたしにとって…ですが)のT先生との二重唱。最後にのびのびと独唱を。(ですよね?I先生?!)

 どれも難しかったので、失敗ももちろんありましたが、「宝石…」はI先生とU先生にお借りしたジュエリーを小道具に使って、舞い上がるマルゲリートになりきろうと努力しました。ゲネプロでは、ブレスレットとイヤリングをつける…という練習をしましたが、イヤリングがなかなかつけられす、「何をしているのかがわかりにくかった。イヤリングがとれたのかな?って思っちゃった。」というご指摘を受け、本番ではブレスレットとリングに変更。何をしているのかがわかるようにと、工夫してみました。
 
 楽しかったです!(笑)

 今回は「忘れ物のないように!」という目標を立てて無事終了したのでほっとしたのですが、やはりやっちまいました。なんと、打ち上げの会費を忘れ、I先生に立て替えていただくという、前代未聞の大きな「忘れ物」をしてしまったのです。028.gif

 修学旅行では「ぼけ封じ」のお寺に行った方がよかったかも…(タクシーで通りがかったのですが、行けませんでした。いのししの狛犬(?)のいるところです。調べとこう…っと。)

 

 前回の発表会では人生初の「ブラボー!」をいただき、どなただったのだろうと感謝してたのですが、紫雲さんだったのですね?!ありがとうございます!!!!また、ご一緒に歌えることを願っています!!
d0195623_147485.jpg

今回のコンサート、緑系のドレスの人が多かったのですが、私も緑(笑)(縦の写真が横向きにしか、UPできません。90度傾いてご覧ください。)
[PR]
by bel-sogno | 2014-09-30 14:08

ありがとう

 ピアニストの先生だけではありませんでした。

 控え室で舞台用にと厚めに化粧をしていたところ、

「口紅忘れた…」

 くっきり眉毛に濃いめのアイシャドウ、日頃はしないマスカラまでつけたのに、すっぴんの唇ですか?!

 また、やってしまった、よくあるこういう失敗。そんなとき、いやな顔一つせず「これでよかったら」とリップを貸してくださったKさん。

 何度も重みでひっくり返るネックレスを工夫して直してくださったIさん。

 「これ聞いてごらん?」よ、同じ歌を歌うYさんが聞かせてくださったのは、オーケストラバージョンの「ムジカプロビータ」。曲のオーラが体に流れ込んできた。


 あさっては、もれのないように準備しないと…

d0195623_21311342.jpg


 あさっては「宝石の歌」を歌います。「指輪展」で予習したので(笑)きらきらオーラを出せるよう(うーん…)がんばります。あと2曲は先生との二重唱…「ノルマ」より「ひとり静かに神殿で」。そして「ウエルテル」より「月の光の中で」。まだまだまだまだ修行が足りません…ですが、少しでも声に気持ちを乗せて歌いたいです。
[PR]
by bel-sogno | 2014-09-23 21:36

幸せの青い鳥

 ベルカントの会の発表会が無事終わりました。今年は、直前に歯茎を切開されて、糸付きのまま腫れたほっぺで歌わなくてはいけないという危機的状況…でしたが、直前にピアニストの先生にロキソニンを頂いたりなんかして、なんとか歌い終わりました。

 今回私が歌わせてもらった「ムジカプロビータ」。以前会にいらした方で亡くなられた方が好きだった歌と聞き、見知らぬ方だけれど、心を込めて今できる限りの心を込めて歌わなくては…とがんばった。

 打ち上げで「こうやって生きて歌えていることの幸せ」という話にもなり、歯が痛いくせに、二日おいてまた3曲歌わなくてはいけないというのに、おいしくワインを頂き…先生からは「木曜日もあるからね…」と。心配かけてすみません…

 翌日の今日は朝からご近所の鍼に行って、メンテナンスしていただきました。

 そしたら突然娘がやってきて、2人でご近所カメラ探訪。花やら夕日やら、年に一度は食べたいモンブランなんかを激写。

d0195623_21144241.jpg

少し色づいてきたハナミズキ

d0195623_21154320.jpg

秋の薔薇

d0195623_21162369.jpg

クレーンと夕日がコラボ?!

d0195623_21165965.jpg

大事に大事に食します

 メンテナンスのおかげで、のども体もやわらかくなった気がします。
[PR]
by bel-sogno | 2014-09-23 21:17

かわいいな 2

 道徳地区公開講座…というのが、行われた。担当だったのでいろいろ大変だったが、それはおいといて…

 「関係ないということ」という三浦綾子氏の文章を使わせて頂いて、「謙虚に生きる」という授業をした。学年担任は私以外若者なので(涙)、一緒に授業の組み立てを考える。

 「関係ない」といえば、小島よしおさんの「そんなの、関係ねー!」ですよね?(本文にも導入として出てくるけど)ということで、「流行語」の話から入ることにした。

 今の流行語と言えば?と振って子供たちの気持ちをつかんだところで、「これは誰?」と影絵を見せる予定だった。

 今流行している言葉として出てくるものとして「今でしょ?」「だめよ、だめだめ。」「ありのままで。」などを想定し、ここでリラックスさせるという段取り。「だめよ、だめだめ~」って出たら、一番リラックスするよね?!なんて教員同士で話して授業に臨んだが、なんと。子供たちは授業参観でそんな言葉を言っちゃいけないと思ったらしく、どこのクラスでも出てこず、逆に教員の方が焦った…なんていうおまけもあった。

 授業は最初「関係ない」という言葉の好き嫌いから、「関係ない」という言葉を使ったことが「ある」「ない」に続けて、どんなときに「関係ない」と思ったかの発表。そこから三浦氏の体験談を紹介し、「関係ないと思ったけど、関係があった。」ということがらが自分たちの身の回りにないか考え合い、発表した。

 最初「親に怒られて、昔のことまで持ち出されて、『そんなの関係ないじゃん?!』って思った」とか、「友達同士でけんかしているときに、関係ない人が入ってくることがあって、『あんたは関係ないじゃん』って思う。」と言っていた子供たちから、すてきな実話がいっぱい出てきた。そのたびに「すごーい!」「ほんとだね。」と拍手が起きた。

 あんたたちは、ほんと、かわいい053.gif
[PR]
by bel-sogno | 2014-09-07 16:42

ずっこけ人生 カンターレ&マンジャー&アモーレ あと数年で定年を迎える中学校教員です。旅行が好きで、年中どこかに行きたいと心に翼が生えています。写真は念願かなって行けた沖縄のかの有名な斎場御嶽です。


by bel-sogno