<   2014年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

弱くても勝てます?!

 「先生たち、クラス替え間違えてるよ~」
 「ダントツ○組が優勝に決まってるじゃん。」
 「だって、○組、運動苦手な人、3人くらいしかいないんだよ。」
…と前評判の高かった○組に対し、
「おれたちは、何のために生まれてきたんだ?!」
「勝つためでしょ?!」
なんていう強気な(?)我がクラス。体育祭のスローガンに「Born to Win」なんてのを出したクラスだけあって、スローガンが「弱くても勝てます」に決まったあとも、合い言葉にしていたのだ…

 あのね…、当日勝つことだけが「勝つ」じゃないんだよ。

 担任歴うん十年のおばちゃんは、一生懸命「勝つ」ということの本当の意味を説き続け…(笑)一応の理解を得、(?)迎えた体育祭。

 個々の走力は劣るものの、団体競技でのがんばりが効いて、僅差の一位!団体競技で勝利を収められたのは、ひとえに「作戦会議」の数と、ムードメーカーの実行委員のおかげ。いや、誰一人欠けても、この結果はなかったね。

 「優勝」の喜びよりもそこをわかってほしいと思う親心。わかってるかな?

 彼らは「○○(私の姓が入る)の呪い【体育祭だけに】」というのを知らなかった…ということに、今気づきました。そんなあほな話をする暇もないぐらい、私が引っ張る必要もなく、たくさんたくさん話し合いをし、決めたことをしっかり実行していた彼らでした。

 来週「君たちは○○の呪いを破った人たちだよ。」って教えてあげようかな?

 あ…あしたは合唱の本番です。のどががらがらなので、鍼の先生に来てもらって、臨みます。
[PR]
by bel-sogno | 2014-05-31 19:07

念願の…

 念願のキッチンリフォームに向けて、汐留のパナソニックのショウルームに行ってきた。
14:50に予約で、17:00にはショウルームが閉まるから、「即決できない女」には辛い…しかも、敏腕(?とおぼしき)営業マンさんの気配が、こ…怖い…

 それでも、どうにかこうにかプランを立てて、いざ銀座へ。

 何でかって言うと、…
「来週はずっと【赤】着てくれますか?」とか、「(体育祭)本番は(2年前みたいに)全身【赤】でお願いします。そしたら、みんな、がんばると思います!」なんて、生徒が言うから、日頃着ない【赤】の洋服を探しに行ったのだ。

 しかし、結果、【赤】の洋服には出会えず、代わりに行ったのが「煉瓦亭」。(【赤】とは何の関わりもありません…)ここは、何十年前から行きたかったのに、「日曜定休」のために行ったことがなかった、誰もが知っている洋食のお店。

 名前を知っているからって、何にも知らなかった。ナイスミドルのおじさまが客の気配を察知してお店のドアを開けてくれることも、1階には2テーブルしかなくって、2階(と3階?)がお店になっていることも、100年前からあるというあの有名な「元祖オムライス」が卵にくるまれてないってことも。

 平成26年だなんて思えない巨大な冷房の風がふいてる(ちょっと寒かった…笑)中で、白いビニールがかかった正方形のテーブルで、生ビールの小とオムライス、夫は生とハンバーグステーキ。むかーし、子供の頃父に連れられて初めて入った金沢のペコちゃんのお店をふと、思い出した。外食がほんとに特別な頃の思い出。

 念願の「元祖オムライス」は生の卵とご飯、マッシュルームに牛肉、グリーンピースなどをふわっと混ぜた物をバターであくまで柔らかくオムライスの形に形成し、外側だけを薄く薄く焼き付けて卵色にした…とっても不思議なものだった。(熱々だと思って、拍子抜けした…)
[PR]
by bel-sogno | 2014-05-25 18:05

続「最後の…」

 体育祭練習、前半の一週間が過ぎた。

 途中で雨が降ったり気温が低かったりしたせいもあってか、比較的まだ元気な私(笑)

 子供たちは真剣に、しかし和気藹々と練習している。たとえば…大ムカデ。それぞれがかけ声を工夫しているのだが、我がクラスは
「せーのー!出発進行、さーん、びー!」(3年B組なのです。)というと、男子が「シュッシュッ!」女子が「ポッポッ!」と言いながら走っている。男子と女子はだいたい交互に並んでいるので、うまいこと考えたものである。しかも、先頭の男子がいいキャラで、両腕を車輪のように回したり、興が乗ってくると、リズムに合わせて両腕を高々と突き上げて走る。

 「ふざけてませんか?!」と他クラスからは突っ込みが入るが、実はムカデの後ろの方の子にとっては「見やすくて走りやすい」んだそうだ。

 金曜日の放課後練習では、隣のクラスと張り合って、とぐろを巻き合いながら練習していた。

 楽しくて、うれしくて、仕方がない様子である。

 カメラやビデオを準備していなかったのが悔やまれる…


 いよいよ、後半練習が明日から始まる…
[PR]
by bel-sogno | 2014-05-25 13:20

最後の…

 体育祭の時期だ。

 実はインドア派の私、体育祭とかスキー教室とか、林間学校(懐かしい)とか嫌いである。だったらなぜ教員になったのか…それが…謎なんだよねえ。(笑)

 なんだかんだいって、30年以上体育祭を経験007.gif。しかし、勝利!したクラスの担任だった…なんてのは、片手で数えるぐらいしかない。苦手だなんて、わかるのでしょうか?去年は、元気なクラスだったが、けが人病人続出で、補欠の補欠のまた補欠…だなんて、みんなでフォローし合った…けど、奇跡的に当日全員参加!!なんていうドラマチックな体育祭だった。

 さて、今年は飛び級して3年の担任。さすが、3年はほうっておいても大丈夫で「昼休みに大縄の練習したいでーす!」とか、「オオムカデの順番、一応決めてみましたけど…(by実行委員)」とか、えらいねえ!!ってかんじ。

 しかし!

 やっぱりありました。

 初日の放課後練も終わった夕方
「先生!肉離れです!2.3日運動するなって保健の先生に言われました!」「僕は、強めの筋肉痛なんですけど、明日の朝練は、見学でいいですか?」

 「わかりました!わかりました!無理しないでください。」

 去年の悪夢がよみがえる~(笑)

 
 来年引退したら、こんなこともなくなっちゃうのね…
[PR]
by bel-sogno | 2014-05-19 20:06

以心伝心…?

 夏にハワイに行く!…というので、まずはガイドブックを買った。045.gif

 「アクティビティ、何する?ガイドブック買ったよ?!」と娘に見せたとたん、

 「えーーーーっ?私もおんなじのを買った!」

 ガイドブック数ある中で、おんなじ物をチョイスするなんてね006.gif

 ダイヤモンドヘッドには登るらしい…(結構ハードそうである。)

 ファーマーズマーケットにも行きたいし、スパも外せないよね?海辺でヨガ…なんてのもいいんじゃない?

 おんなじ本を見ているので、実は話が早い…かも(笑)

d0195623_18495285.jpg


 今日、これからおんなじ本を見ながら、相談です。017.gif
[PR]
by bel-sogno | 2014-05-18 18:50

母の幸せ

 母の日に息子のお嫁ちゃんからプレゼントが届いた!わーい053.gifちょうどハンドクリームがきれかけていたところ。彼女がくれるクリームは香りもよくって、すてき。

 同じ日に娘が突然帰ってきて、心がしおれている日も幸せになれそうな「プリザーブドフラワー」をくれた。(夫が何を間違ったか「カリフラワーだな?」と言って、大笑い。それ以来、本当の名前が、すぐに出てこなくなった。)

 「プリザーブドフラワー」はリビングの棚に飾り、クリームはいつもテーブルに置いてある。彼女たちの気配が漂っているような気がする。

 ありがとね。

d0195623_1593247.jpg


d0195623_1595040.jpg

[PR]
by bel-sogno | 2014-05-17 15:09

生活に彩り…ちょびっと

 春先に作った「ふきのとう味噌」が不評だったので、リベンジ?!山椒の葉(木の芽)をゆでて固く絞り、みそを加えてすり鉢でごしごし…大人味の「山椒味噌」のできあがり。スナップエンドウをゆでて、夕飯にさっそく食べよう!
 大きなタケノコも売っていたので、¥15ナリ!のぬかを加えてゆでた。もう一度タケノコご飯が食べたいなと思ったのだ。レジ袋から大きなタケノコを取り出すと、タケノコはただだと思っている夫が「もう一本、(前回帰省したとき)持ってくればよかったな。」とひとこと。切っても切っても生えてくる実家の竹藪が脳裏をよぎったらしい。

 今日の夕飯は、ちょっとしぶいぞ。(笑)


 最近、職場ではぴりぴりした言葉が飛び交い、大人げないよ~と、半泣き(ウソ?!)になることも多い。「どうしたもんかな?」と、女子会(少人数)で相談したところ、正面切って戦うのではなく、雰囲気を和ませることに専念することとなった。私は得意の「すべるギャグ」を。(まあ、決められなくても、言うけどね…)そして、時々は手作りのものの差し入れをすることに決めた。

 この前はのどを痛めている人が多くいたので、金柑の甘煮を。来週は、ルバーブのジャムでも持って行きましょうか?今、砂糖を振りかけて溶けるのを待っているところです。梅雨に入ると、また、梅の収穫!けっこう、忙しいじゃありませんか(笑)ギスギスしている暇はありません。
d0195623_14574664.jpg


 瓶の縁の味噌を拭き取っていないのが、こんなに目立つとは…トホホ…がさつなんです…
[PR]
by bel-sogno | 2014-05-17 14:58

どちらにしようかな

 なんだか、いつもキッチンの天板に水がたまっている…きっとまな板をを立てかけてるから、そこからの水だなあ…なんてのんきなことを思っていたら、夫が「水漏れしてるね。」

 えっ?水漏れだったの?!中古で購入してからはや20年。そりゃ、あちこち傷むはずです。それでもキッチン以外の水回りは何度か手を加えたのですが、お値段の張ると思われるキッチンは手つかずでした…

 これはいよいよ、キッチン取り替えだあ。…と、リクシル・クリナップ・トクラス…と、ショールームを見て回り、A社とB社にとりあえず見に来てもらいました。

 同じ日に2社の営業マンさんに、どないしましょうの相談を時間差で。

 A社さんは、数年前リビングの作り付けの棚や壁紙張り替えをお願いしたときのお兄さんが来られました。マンション自体が古くなっているので配管も見た方がいいと理事会から言われている旨伝えると、キッチンセットの排水のスペースまで確認して、様々な箇所を測り、何枚も写真を撮っていってくれました。

 B社さんは、ばりばりの営業マンさんといった感じのおじさまが来られて、要望を聞いた後、とりあえず一緒にパナソニック(まだ見ていませんでした)のショールームに行って、そこでいろいろと確認しましょうという話になりました。マンション自体の造りや注意しなくてはいけない点も熟知されていて、しかも、今あるものでまだ使える物(とりかえたばかりのガスコンロや最初から付いていた作り付けの棚)は使いましょうという提案も。

 全く違うアプローチだったので、どっちかな?と。優柔不断なんです…私…

 しかも、C社のセミナーと相談会も予約しちゃったんですよね…

 さてさて、どうなりますことか?何を重要視しなくちゃいけないのかがわからないだけに、難しすぎる決断を迫られそうです。

 しばらく悩みます(笑)

 突然思い出したのですが、小さい頃どっちか決められないときによくやりましたね。「どちらにしようかな?天の神様の言うとおり。」でもね、迷ってると見せかけて実は「やっぱこっち~」って決めてるんですよ。小さいながらに(笑)そういうときに「なのなのな!」って付け足してました!今回の「天の神様」は子供たちかな?!最後まで迷ったら、相談しようっと029.gif
[PR]
by bel-sogno | 2014-05-11 16:58

春なのに

 寒い!

 川越の帰りにひいたと思われる風邪が悪化する007.gifいやいや、連休前からむごい状況の風邪引きさんから風邪をもらっての連休入りだったのかも…なにしろ、「年を取ると、熱も出ない!熱が出る体力すら残ってないのだ!」と力説していますので。その説は正しいらしく、「忘れた頃にやってくる体調不良。」(笑)

 それに比べると、植物は偉い!もう、枯れちゃった…と思っていた鉢植えがこんなかわいいことに010.gif

d0195623_19502124.jpg


「おーい、ピントが合ってないぞお!」(詩「虹の足」からのパクリです…)(笑)でも、葉の薄い感じ、わかってもらえるかな?こんなキャシャリン(あ…「華奢」の親父ギャグです…)だった頃がなつかしいなあ。中学だか、高校だかの頃、よく保健室で寝てました…(笑)なんにも聞かずに、寝かせてくれた養護の先生、ありがとう…おかげで、インフルにもかからないおばちゃんになりました。

 ああ、今年の連休は、全く仕事の手配をしないまま、過ぎてしまいました…意外にも心配性なので、今までは何週間分もプリントを用意したりなんかしていました。偉かったのね037.gif
[PR]
by bel-sogno | 2014-05-06 19:48

見上げる

d0195623_1438143.jpg


060.gif「屋根よりたーかーいこいのーぼーり~」

 ここは、川越、大正浪漫夢通り。連休中の川越は、予想を遙かに超えた人出。「菓子屋横丁」に至っては人で埋まっており、進入をあきらめた。

 あちこちから聞こえてくるお囃子の音に惹かれて小道に入ると山車が出ていて、連雀町の道灌の山車(熊野神社の境内で)や、元町一丁目の牛若丸の山車(稲荷小路を曲がったところの小さな神社の前の道で)、松江町一丁目の龍神の山車(小江戸蔵里という商業施設の入り口で)を見ることができた。

 秋には29もある山車が勢揃いする「川越祭り」というのが開催されるらしいが、笛、太鼓、鉦の(五人囃子)音に乗って、天狐やヒョットコが踊るのをしばし堪能した。

 それにしても、人が多い…そして、天狐の迫力は半端ない。狐と言えば、川越はお稲荷さんの多い町でもあった。
d0195623_1575111.jpg



 あとで夫が撮った写真で確認したら、松江一丁目ではなく、新富町一丁目の山車でした。道路を挟んで反対側の山車だったの…縄張り争いとか、ないんでしょうか?(笑)よく見ると、自分が撮った写真にもちゃんと「家光」とありました。山車のてっぺんの人形がちゃんと書いてあったのです。


 
[PR]
by bel-sogno | 2014-05-05 15:05

ずっこけ人生 カンターレ&マンジャー&アモーレ あと数年で定年を迎える中学校教員です。旅行が好きで、年中どこかに行きたいと心に翼が生えています。写真は念願かなって行けた沖縄のかの有名な斎場御嶽です。


by bel-sogno