<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

開運!

今年は「いい年」になる予感があった…はずなのに、まあ、人生色々です。

 昨日は「痩せたんじゃない?こんなこと言うのもなんだけど、年取ってから体重が減るのはあんまりよくないんだよ。今日、うち帰ったら、計ってみてね。」なんて、どっきりなことを言われました。
 痩せたか、太ったかは別にして、げっそりきていることは事実でした。でも、去年までより手のひらの「ストレス線」が短くなっているのです。(笑)どれだけストレスだったんでしょうね。今まで。

さて、来年の運勢は、どうでしょう?

ある本によると、

華やかな運勢
人気運上昇
旅行運も良好に

ですって!


 すごいですねえ。いいことだけ信じましょう。

d0195623_1752670.jpg


 写真は「アンモライト」の原石。バンクーバーの店先にたくさん輝いていました。かなり霊力が高そうです。あ…買ってませんよ。念のため。来年はいいこと、たくさんありますように。
[PR]
by bel-sogno | 2013-12-28 17:52

光陰矢の如し

今日は仕事納め。

「去年の今頃は、オーロラ堪能して、バンクーバーだったよね。」と、同僚としみじみ…
d0195623_1919223.jpg


えっ?なんでお酒の写真かって?

ファイアーボールというシナモン味のお酒。これが、ヒットだったんですよ~。寒いオーロラ観測にはぴったり!甘くて刺激的で、あまりのおいしさに、空港でお土産用にお買い上げ。069.gif

しかし、しかしですね。

1年もたたないうちに、飲んじゃったのは、誰でしょう?(笑)

ネットで買えるさあ!と検索したけど、日本では販売していないことが判明…うう…007.gif

夏に「息子がカナダに行くから買ってきてもらって、びっくりさせようと思ったんだけど…売ってなかったんだって…」と、件のオーロラ友達。

夏にはないの?冬限定?!どうなってるの?って、盛り上がったよね。

久々にまた、思い出しちゃったじゃない(笑)さすらいの虫が騒ぎ出しました。
[PR]
by bel-sogno | 2013-12-27 19:19

歯医者のクリスマス

d0195623_17592810.jpg


クリスマスの晩に、大きな荷物が届きました。

1年間よい子にしていたから、サンタさんからのプレゼント…なわけはなく、自分が大枚はたいて買ったブーツが届いた…というだけ。とっても履きやすく足に優しいけど、お値段もびっくり!というブーツでした。とはいえ、クリスマスイヴの日に届くなんて、おしゃれ053.gif

もったいなくて、まだそのままリビングに置いてある…

一夜明けて、クリスマス。…とはいっても、公立中学勤務者にとっては、ただの終業式の1日。終業式ならいいじゃーん?と思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、昨今の終業式の日は、2時間授業をやってから終業式。そのあと、通知表返し…と、生徒の下校は12時を軽く回るのでございます。

今年は、とても大変で、その日も、昼食を取れたのが3時前。その後も何をしていたんだか、あっというまに5時半。

そこにピンポーン!玄関のチャイムの音が。「卒業生でーす。○○先生に会いに来ました~」とご指名。職員室の空気がふっと和んだのはいいのですが、私、実は6時に歯医者の予約でした。10分しかお話しできないよ~と、言うと、
「先生、クリスマスなのに歯医者ですか?寂しくない?!」

そっかー。

「(予約)入れられちゃったんだよ~」というと、
「え?!入れ歯ですか?」と、大笑い。

違うけど…でも、歯抜かれちゃったから、違わないか…いいよね、君たち若くて。でも、君たちの顔を見られて、もうちょい頑張ろうと思えたよ。ありがとう。

今年のかわいいサンタさんたちでした。
[PR]
by bel-sogno | 2013-12-26 18:01

手書きの効能

 暮れも押し詰まってからすること。それは、年賀状書き。

といっても、最近は裏面も「年賀状印刷」だし、表書きもPCさんが印刷をする。裏面に手書きでちょこっと添え書きをするぐらいで、簡単だけどなんだかなあ…だった。

 今年は、「富士山世界遺産登録!」ということで、図柄を「今でしょ!」と富士山の写真版にした。富士山を遠景に桜の花!というなかなかおめでたい(?)絵柄である。

 三連休の三日目の朝。寝坊して起きていくと、夫がこたつでなにやら書いている。どうしたのかと思ったら、写真画面がすべってしまって、PCが表書きを受け付けないとのこと。

 あらら…

 表書きから手書きだなんて、何年ぶり…そこから小一時間、黙って2人、手書きで勝負!


 表書きだけなんだけれども、住所を書き、お名前を書き…あんなことがあったな、こんなこともあったな…と、遠い昔に気持ちを馳せている自分がいた。PCに感謝すべき…かもしれない。
[PR]
by bel-sogno | 2013-12-23 13:52 | つれづれ思うこと

何だと思う?

d0195623_1758015.jpg



クリスマスツリー。こんなの、はじめて。

ぱっと見、お漬けものに見えません?

実は
d0195623_1815390.jpg

とのこと。

このあと、どうするんだろう?移ろい具合を見に行きたい気もします。
[PR]
by bel-sogno | 2013-12-22 17:59

クリスマスなのね?

忘年会。

 そんなに簡単に忘れられるもんか!…なんて寒空に震えながら会場に向かいました。その日は「初雹」が地面にガラス窓にたたきつけた日だったのです。本能全開で狂喜乱舞する子供たちに、なんかむなしいものを感じつつ、「やめる?」「やめない?」…と、またまた全く生産性のない悩みにからめこまれてしまいました。

 忘年会では「今でしょ?!」にからめた一言を考えておくように…などという、無茶振りがしかけられており、しゃべり出したら止まらない職業の皆様は、「うまいけど長い」お話を延々と。(笑)私、実はこういうのとっても下手…しかも考えていくのを忘れておりました。

 しようがないので、「懸賞」にはまっているということをカミングアウト。どこで笑いを取るのか悩みながら、結局自虐ネタでかろうじて笑っていただけました。そこでいただいたお土産は「トムヤムクン味の即席麺」。どちらも、すっぱからかったのね…

 その後「スピーチ、何順でお呼びしていると思いますか?」との幹事の声かけに、「会場に到着した順だ!」とひらめいて、「わかった!!」と酔いに任せて叫ぶと、
「正解!」と、もひとつおまけにお土産を頂きました。(お一人、急に参加できなくなった人の分があったのです。)開けてみるとなんと「切り餅」。切り餅、きりもち…で、なんとかおもしろいことを言わないと…ああ、何にも出てこない…と、焦っていると、若手の幹事が一言

「来年も、モチ上がりということで。」

 う、うまい!…しかも、ごめんね。若いもん(全回のブログで使っちゃった言葉です。彼のことを悪く言っているわけではありません。チャーミングな前途有望な青年です。)にまで、気を遣わせてたのね、わたし…

 さて、うちに帰るとかわいい封筒が届いておりました。中から飛び出すサンタとクリスマスツリーが…同じく忙しさに追われているはずの友からのクリスマスカードでした。

 えらいなあ…いつもながらの心遣いに感動…

 えらくない私は、ありがたくトムヤムクンの即席麺を「すっぱい!」「からい!」「どっちかわからない!」と、大騒ぎして頂きました。

 もうすぐクリスマスなんだ…ということも、忘れていた毎日。3連休は少し心豊かに過ごせるといいな…
d0195623_15101928.jpg

[PR]
by bel-sogno | 2013-12-21 15:10

人のふり見て…

 「最近の若いもんは!」

 これをいいだしたら、相当ご年配の頭コッチコチのお方…と思われても仕方がないのですが…最近とみに、それに対して「打つ手が…ない?」と思ってしまうのは、やはり「年のせい」ってやつですね。

 昨日聞いたばかりの「若いもん」ネタを2つ。

 毎日、「やめたい」「やめないでがんばります」「やめたい」…と、言い続けたあげく、ある日突然ラインで、「今日でやめます」とやめてしまったという話。もう一つ、「今日でやめさせていただきます。m(_ _)m」と、上司にメールしてきたという話も。

 あれえ…そうですか…と、びっくりしましたが、よおく振り返ってみると、私自身、メールで所属している合唱団の演奏会をキャンセルしてしまった…という過去が…

 「今日で」とはいわなかったというだけで、自分も同じだよ…と気づいたショック。加えて、仕事に対しても、「やめたい」「やめないで、もうちょいがんばろう」「いや、もうやめたい」「ほかのみんなもがんばっているんだし…」とうにゃうにゃしているのも、プッチーン!と糸が切れて、後先考えられなくなってやめてしまったその子と同じ状態だと気づいたのです。


 若いときならいざ知らず、一応「ベテラン」な年代にさし(?)かかって、今まで蓄えてきたノウハウなり信念なりが通じないとわかったときの「心の傷」「あたふた感」って、けっこうなもんなんですね。なんでも、自分がそうなってしまわないと実感伴わないっていうのが、凡人のつらさです。「打つ手がない」のは、相手に対してではなく、自分に対してだったんです。

 おっと、辛い内容になってしまいました。あたふたを隠して学級に迫った私を追いかけて、2人の男の子が密談(笑)しにやってきてくれましたし、学級委員と新班長たちが「みんなのことを考えた班分け」というのを提案してくれましたし、きっともう少し、頑張れます。わたし。さあ、彼らを支えないと!愚痴を言い合える「女子会」(○○過ぎて、「女子」というな!という突っ込みがこわいですが)もでできたことですし。

 私たちの周りで、「わけわかんない!」という行動をする人がいたら、それはきっと、にっちもさっちもいかなくなってのことなんだよ。

 ああ、そう思える心のゆとりが、ほしい。
d0195623_12185067.jpg

東慶寺のお部屋のガラスに映る紅葉を撮ってみました。ちょっと角度を変えればこんなものも見えるんですね。
d0195623_12224183.jpg

これは、姫蔓蕎麦。紅葉全開のこの季節に、つつましく地面にへばりついていました。
d0195623_12253419.jpg

どう見ても、桜です。秋に咲く桜、種類は何でしたっけ?東慶寺の墓地に行く道ばたに数輪、咲いていました。見つけて、ちょっとうれしくなりました。 
[PR]
by bel-sogno | 2013-12-08 12:19

当選パート2!

うちでは主人の好み(?)で日経新聞を取っている。かなり抵抗したのだが…(文化芸術欄以外、私にはちんぷんかんぷんだ。文化芸術はなかなかのもので、愛読しているが。)

しかし今回、読者プレゼントで東山魁夷先生のカレンダーがあたった!

日経、やるじゃないか?!

東山魁夷は大学生の頃、金沢で展覧会があり、ものすごい人混みの中、見に行って以来のフアンである。唐招提寺の襖絵もはるばる見に行った。

カレンダーは冷蔵庫に貼っているので、魁夷先生には申し訳ないが、来年はよろしくお願いすることになる。目の保養、楽しみである。
d0195623_19411546.jpg

[PR]
by bel-sogno | 2013-12-01 19:42

リベンジ成功&涙

 晴れた日曜日。うれしいことに暖かそう。

 いつも出勤する時間に家を出て、「いざ!北鎌倉へ。」紅葉のリベンジなのです。010.gif紅葉も今が盛りと聞いたので、人であふれる前に、と頑張ったのです。


 今日の予定は、

 円覚寺(初!)→明月院→浄智寺→東慶寺

 朝一番の円覚寺は広い境内もすがすがしく、あちこちに紅葉や公孫樹が色づいていた。弁天道からは、雪を頂いた富士山も見え、オーラを頂きました。

 混んできた円覚寺を後にして、明月院へ。明月院への道は昔と変わっていなくて、拝観口や桟橋のあたりから、色づいた紅葉を通して木漏れ日が美しくて、うれしい。「別世界やあ!」しかも、特別拝観で「後庭園」に入ることができました。谷戸を深く抱きつつも光がまばゆくて、紅葉が輝いています。OH!言葉は要りません。
d0195623_1920634.jpg


 帰り道で、はじめて入ってみました。「葉祥明美術館」…といっても売店のみですが。不覚にも、そこに流れていた優しい音楽に涙が…どうした?!なんなんだ?!そんなに自分、弱っていたのか?!ダイアリーを買いました。癒しが必要な気がしたので…

 気を取り直して、歩くこと数分。11時少し前に、去来庵の前にさしかかりました。特にここで御飯を食べようという予定ではなかったのですが、まっすぐ浄智寺に行く道を間違えて建長寺の方に歩いてきてしまったのです。たくさんの人が並んでいるので、「一度食べてみたかったんだ…」と思い出して、列に並んでみました。(笑)「入れるかも?!」と思いましたが、そううまくはいかず、外で待つことになりました。根性の足りないわたしは、「やーめた…」と思ったのですが、誰一人やめる人がいなかったので、並んでいました。12時前にはビーフシチューにありつきました。053.gifビーフシチューはとろとろで美味しいですが、ライス(特別なライスです。名前忘れました。)とコーヒーは?です。昔ながらのゆがんだガラス越しにお庭を見ながらお昼が食べられるのは情緒たっぷりです。

 さて、浄智寺の方に戻ろうかな?と思ったのですが、足利尊氏ゆかりの「長寿禅寺」(普段は非公開)がひょっとしたら特別拝観をやっているかもしれないと、足をちょっと伸ばしました。これが、大正解!!!今まで見させていただいた鎌倉のお寺の中で、パンパカパーン!!第一位です。縁があったら、お出かけください。
 まず、室内に入るのですが、本堂や書院、小方丈から眺めるお庭の美しいこと!!またまた涙が、今度はあふれてきました。お庭を見て泣いている人は誰一人いないのですが、不審な目で見られてもかまうことはない。うるうるしていました。美しすぎると、哀しくなってしまうのでしょうか?
d0195623_19172015.jpg
d0195623_19242727.jpg

うまく撮れていません…腕が景色に負けていますね…

 その後、大好きな浄智寺と東慶寺に立ち寄って、今日の遠足、終了。浄智寺は、鐘楼の門が大好きだったのですが、新品のようになっていました。何かで倒壊したんでしたっけ…好きなところは思いもうけて見るせいか、違和感を感じることがあります。想い出の中で、美化されてしまうのでしょうか?

 

 
 
[PR]
by bel-sogno | 2013-12-01 18:31

ずっこけ人生 カンターレ&マンジャー&アモーレ あと数年で定年を迎える中学校教員です。旅行が好きで、年中どこかに行きたいと心に翼が生えています。写真は念願かなって行けた沖縄のかの有名な斎場御嶽です。


by bel-sogno