<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

プラマイゼロ

 お盆休みも終了。
 仕事に復帰。

 しかし
 逆に疲れがたまっている…?

 午後、振替休日ということで帰ってきた。土曜授業などの振り替えを夏休み中に取れるのだが、きっと復帰初日は1日仕事をするのがきついだろうと、前もって決めていたのだ。「先見の明!」というか、「慣らし保育?」というか、まあ、そんなところである。

 帰ってきてぼーっとしていたら、
「こんにちは。」
と、鍼灸師さんの声。

 あれえ、予約してたっけ…してたような気もするな…ちょうど具合も良くないことだし、ま、いっか…。
「胃がちょっと…ですね。じゃがいもを電子レンジでゆでて、しっかり租借して、ゆっくりゆっくり食べて胃の粘膜を保護してください。冷たいものの飲み過ぎはダメですよ。」

 「次回の予約を…」とノートを出して、あらら?21日は21日でも、今日じゃなくて9月の21日に予約とメモしてある。前回私がまちがえて9月の所に書いたのか、鍼灸師さんがまちがえて8月に来たのか、これは永遠の謎だ。

 謎といえば、この前テレビで「音のない盆踊り」のことが放送されていた。昨今は「大きな音」や「騒音」に配慮して、踊る人たちがイヤホンから流れる音楽を聴きながら踊る、というのだ。近所に病院があるから、闘病中の人たちへの配慮ということだった。うーん…

 実はわたしは縁日とか花火大会とか、盆踊りとかがいまだに苦手だ。子供の頃、怖かったのだ。縁日はあの怪しげな空気が、まず怖い。うちでは衛生的じゃないからといって、「あんず飴」とか「綿飴」とか、食べちゃいけないものが縁日にはいっぱいあった。いけないものがいっぱいあるあの空間は、キラキラ誘惑の光に満ちて、近寄ると大変なことになりそうな怖さがあった。花火大会は人混みと大音響が苦手だった。盆踊りに至っては、なにが楽しいのかわからなかった。みんな同じ方句を向いて、なにを表しているのかわからないあの手つきや足さばき。しずしず1歩下がって2歩進んだりして、踊り手はいつのまにか視界から消えていく。

 あ~こわい。

 だから、盆踊りに音があろうがなかろうがどっちでもいいのだが、音のない盆踊りは友達のうちで並んでゲームに没頭している子供たちぐらい不思議なもののような気がする。そのうち音のでない花火なんて、発明されたりして005.gif

 私は子供の頃の記憶から嫌いになってしまったけれど、怖いけれども美しいものとか、怪しいけれども魅力的なものとか、迷惑だけれども結束力をたかめるものとか、あっていいと思う。あっていいというより、怖いからこそ美しかったり、怪しさが魅力的だったりするわけで、「負」の面をなくしていって、のっぺらぼうにしていくのはなんか、違う気がする。

 だから、今日は慣らし保育でいいし、鍼もきょうやってもらえてラッキー!って思う方がいい。ただ、雷が鳴ってきたので、今日のこれからの予定はキャンセルだ。
[PR]
by bel-sogno | 2013-08-21 18:00

タイミング

 用があって、表参道ヒルズに行ってきた。何年ぶりだろうか?ちょうどお昼だったので、並びに並んで「やさい屋」なんとかというヘルシーな和食屋さんでおひとりさまランチ。とうもろこしフェア?とみえ、ごはんの上にもとうもろこし。旬のものはおいしいね。043.gif
 その後IFのトラヤカフェに向かってぷらぷらスロープを降りていくと
「あっ!ちはらせいじ!」という声がした。…?…いないじゃん…と見回して気づいた。あいたままのエレベーターの中かも…わざとらしく2歩ほど後ずさって見ると、「発見!」上へ行きたいのに、今乗ったばかりのおじちゃんが操作を間違ったかなんかで、一般人の目に必要以上にさらされる羽目になったようだった。なんだかお気の毒…

 これなんかは、タイミングがよい方なのだ。わたしは自慢じゃないが、有名人がその辺りにいようと、気づかないことが多い。ま、あんまり有名人を知らないというのもあるが、まわりに神経を巡らせていない…から…らしい。だから、タイミングを逃すことが人生の中でとっても多い。(オーバーかも…)

 この前もそうだった。義母が足を骨折して入院、退院後自宅には戻れず施設に入ることになったのだが、お見舞いに行ってきたときのこと。施設の入り口のドアの前に段ボールが敷いてあった。初日にはなかったはずだが、なんだろう…と(一応上も見てみた…はずなんだけど)気づかず、お見舞いを終えた。帰りに「つばめがいるんじゃない?」「つばめがいるよ!」という義姉、義兄の声に見上げてみると、いる、いる…天井ぎりぎりの狭い空間に4羽もの「ひな」がぎっしり並んで置物のように動かない。

 見舞いの前に気づいていたならば、義母にもつばめのことを話してあげられたのに。

 でも、つばめの「ひな」って今頃だったっけ?
[PR]
by bel-sogno | 2013-08-17 17:17

感謝

 コンサート翌日の今日。仕事してきた003.gif

「すいません、体調不良で休みます。」と電話しようと思っていたけど、体調悪くなかったの…アドレナリンがまだ出ているらしい。「歌う」って偉大だな。060.gif

 昨日。奇跡的にハイCが出た!!普段出たとしても2,3秒伸ばすのが精一杯だったのに、なんと、本番で倍ぐらい(覚悟していたより軽く声が出た)伸ばせた038.gifこれはひとえにT先生のおかげである。AからCにいくときの声の出し方を実際歌ってお手本を示してくださった。(そのときは、できなかったけど…)本番でその発声ができたのかどうかはわからないけど、「やればできることがある」とわかったのがとてもうれしい。I先生も不肖の弟子に見切りをつけることなく、リハのあとに「楽譜出しなさい!」(とはおっしゃらなかったが)と、細かいダメ出しをくださった。

 録音を聞くと、また自己嫌悪に陥るんだろうけど、今は「精一杯やった感」と「終わったー感」でルンルンである。1日にしてふるふるからルンルンに変わるこの浅ましさ。ま、これが自分である。

 2着のドレスを着たことも、(何歳になっても)うれしいものだった。(部外者からは顰蹙かもしれないが)草色のドレスを奮発したので、長い間着ていたくて、「PACE」のときに着用。ミミのときには、以前ネットで買ったがしまい込んでいた黒のビロードの上半身にコーラルピンクのロングスカートというドレスにした。客席からピンクの時に「かわいい~053.gif」(もちろん、自分が可愛いとはうぬぼれていませんが)。草色の方が10倍も高かったのに…

 え?そっちですか?こっちの方がいいですか?…と打ち上げで話したら、お茶目な先生、「今度からプログラムにドレスの値段も書こうか」とジャパニーズジョーク。

 そういえば、ダイエットを成功させようと、学級通信の片隅に謎の数字を書いていた先生がいたっけ。残念なことに、生徒は誰もそれが減りゆく体重の記録だと気づかなかったというオチがあった。

 ま、いっか。今度(9月)もドレスにしようかな?

 え?そっちですか?!
[PR]
by bel-sogno | 2013-08-08 20:16

ふるふる

 コンサートを明日に控えて


 プレッシャーに押しつぶされそうな自分…のども変だし、昨日の出張中には異常な眠気とだるさに襲われた…栄養ドリンクを飲み、のどによく効く「グリーンピットAZ」を買った。

 ピアノあわせの録音を聞くと、1回目と先生の助言を受けての2回目では全然違う…コツはいつも言われていることなのに、自分だけだとできない…ぎゃーっと叫んで隠れてしまいたい。

 歌詞がぶっ飛んでしまう恐怖。声が出ない恐怖。そして、本番中に足が吊ってしまう恐怖…

 昔から「びびり」で「マイナス思考」だった…(昔はそんな言葉なかったけどね。)普段へらへらしている裏にはたくさんの理解できないことや知らないこと、できないことがあって。最終的には覚悟を決めて「えいやっ!」と立ち向かっていっているだけなのに。

 楽しんで歌うなんて、まだまだ無理…


 そんな今朝、新聞で「盆玉」という摩訶不思議な言葉を発見。一瞬「とんぼ玉」とか「勾玉」とか、、「お盆に魂がもどってくる」のか、そんな連想が働いた。そういうものだったら、今の私に1つだれかくださいな。…と思ったら、違った。「盆玉」と命名して、夏らしい涼やかな絵柄のポチ袋を売っているという話だった。「お年玉」から「盆玉」か…孫はかわいいもんなあ。(想像)新年とかお盆とか、そいういうときにポチ袋に入れて「はい、おこづかいだよ。」そういうときに、夏なら夏らしいポチ袋に入れると「おばあちゃん、いいセンスしてるね?」となるのか。
 いや、それにしても「盆玉」という命名はどうなのか?「お年玉」なら、「お盆玉」だろう。
「盆玉」「盆玉」と売っているうち、だんだん「お盆の上をビー玉がぐるぐる回っている」いうイメージになってきた。

 あと10回歌詞をさらおう。(また得意のイメージトレーニング)
 あとは、注意されたことに集中し、「ファイト~!1曲~」
[PR]
by bel-sogno | 2013-08-06 12:26

ずっこけ人生 カンターレ&マンジャー&アモーレ あと数年で定年を迎える中学校教員です。旅行が好きで、年中どこかに行きたいと心に翼が生えています。写真は念願かなって行けた沖縄のかの有名な斎場御嶽です。


by bel-sogno