<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

インテンシオ?

 久々にバレエを見に行った。今人気のダニール・シムキン(アメリカンバレエシアター)の座長公演のガラ。彼主演の「くるみ割り人形」は見逃したので、連休の中日、雨だったがゆうぽとに行ってきた。

 「インテンシオ」って何?と思ってプログラムを見ると、インテンション(意図)とインテンス(強烈な)とをかけあわせた造語とのことで、彼の願いや力の入れ方が伝わってくる。公演の構成も現代的でスマートで、古風な例の赤い幕をほとんど使わず、美しい映像と光と紗幕をうまく使ってバレエを引き立てていた。

 忙しさにかまけて、出演者や踊りの演目すら知らずに見に行ったが、いろいろ紆余曲折あったらしい。しかし、そのおかげで吉田都さん、ロベルト・ボッレの「ロミオとジュリエット」を堪能できるなんていう幸運にも恵まれた。都さんは引退しているというものの、ちゃんとジュリエットしているというのが驚異的。ボッレはあまり見る機会がなかったのだけれども、改めて見てみると、で、…でかい…(都さんがお人形のように見える)そして、ばりばり肉食系ど迫力のロミオ(笑)しかし、踊り出すと、舞台中彼のオーラに包まれる。イケメンだし、大きいけど伸びやかで重くないし、素敵なんだけど、自信たっぷりのロミオ?(笑)ジュリーケントと踊った「椿姫」の方が彼のキャラクターかも?

 シムキンと言えば、少年のような童顔にしなやかなテクニックで有名。シムキンがロミオだったら、どうなんだろう?今回は、12の演目の中で彼は4つも踊るというサービスぶり。「Qi」という新作から始まり「海賊」のアリを踊り、「雨」というコンテンポラリーを踊り、最後に「レ・ブルジョワ」で締め、いろんな可能性を惜しげもなく見せてくれた。(「レ・ブルジョワ」だけは、踊るのに若すぎる…といった感が否めなかった。もちろん跳躍や回転技は超絶で、「これが完璧な振り付けなんだ!」と思い知ったが、もう少し大人な感じになったときに踊ってくれたら、渋くて哀しくてしゃれてていいだろうなと感じた。今のところ、バランキエビッチさんの「レ・ブルジョワ」が最高)

 「インテンシオ」。ブラッビッシモ!!!

 翌日BSで、宮田大さんというチェリストが小澤征爾さんによって自己を揺さぶられ続けていくドキュメントを見た。小澤さんの、そして大さんの、音楽を「下品」になる寸前まで表現していくという「心」に打たれた。「こいつは、いいやつなんだよ。でも、いい子すぎるから、若いのにおじいさんみたいに弾くんだよ。」小澤さんの言葉に目覚めていく大さん、25歳。

 シムキンも同じくらいの年代なんだろうか?この人もすごく「いいやつ」な気がする。彼の寸分の隙もない、端正な、しかも緩急に富んだのびやかな踊り、それだけでもう十分素敵なんだけれども、この後、どういう人との出会いを経てさらに進化していくのか、それを思うと、更に楽しみ053.gif
[PR]
by bel-sogno | 2012-11-25 14:32

オーラ何色?

 オーラ写真を撮った。

 本当はテスト採点をしないとね。でも、昨日は9時過ぎまでノート点検やら1年生の分のテスト採点やらしてたから、もう煮詰まっちゃったんだよね。

 逃げたらあとで倍、3倍大変なことになるのはわかってるんだけど、どうしてもオーラ写真が撮りたい!と、白金台まではるばる。(実は2回目。土曜日に行ったら、臨時休業だったんだ。)せっかく修学旅行の調整で1日休んでるんだけど、「いいや、採点なんて!(笑)」

 今日は平日で、お店は開いていた053.gif


 ちょい緊張しながら、オーラ撮影。

 なんと私の今日のオーラは基本「青」。ヘッド周辺に「白」体の左に「紫」他は「青」!(笑)

 へえ…

 いつも左手にしている指輪をはめて撮ってもらったら、なんと、体に近い円に黄色、緑が。基本の青はその外側に。良くも悪くも「これでいっか。」と割り切ってくれているのは、この指輪らしい。

 再び、へえ…

 確かに。妙にテンション高くなって、くだらないギャグを言ったり、「終了!」って、めんどくさいことから逃げたりしてるな。

 もっと笑えたのが「考え込んだり悩んだりするよりも、行動に移している状態ではないでしょうか?」(たまに無鉄砲な行動に出たりしませんか?)


 確かにい!!!


 かなり疲れているのを無理してエンジンふかしていることを再認識した。顎関節や首をゆるめることも効果的と教わった。自分でメンテナンスできるというので、三日坊主にならず頑張ってみよう。

 
 帰りに秋川渓谷のリベンジじゃないけれども、IL GRAPPOLO DA MIURAというイタリアンで、美味しいランチをお一人様してきた。

濃いトマトのスープ&しゃきしゃきのボリューム満点のサラダ&牡蠣の生パスタ

残念ながらプラチナ通りのイチョウはまだまだ緑だった…

d0195623_197589.jpg
d0195623_1971887.jpg
d0195623_1973967.jpg

[PR]
by bel-sogno | 2012-11-20 19:10
d0195623_18291614.jpg

d0195623_18462065.jpg


晴れた日曜日。武蔵五日市の駅に降り立った。

遠い…

お目当ては秋の景色と温泉…のはずだった。

用意した地図を家に置き忘れたが、なんとかなるさと秋川沿いに歩き出した。秋川橋を渡り、河川公園でBBQの人たちを横目に見てあゆみ橋を渡り、川沿いの道を歩く。春は桜がきれいだななんて思いながら今度は小和田橋を渡る。ここらへんでおそば屋さんを見つけたが、今日の分は終わり…だとかで、てくてくまた歩く。

小高い丘の上に目指す広徳寺がある。大銀杏で有名な古刹だとかで、ここまでほとんどすれ違う人もいなかったのに、境内は多くの人で賑わっていた。イチョウは盛んに散っていて、地面も見上げる木も黄色一色。真っ赤なもみじもいいが、黄色いイチョウの葉は元気をもらえる気がする。境内の裏手には小さな池に映える紅葉が午後の陽を受けて輝き、思わず声が出る。

このあと佳月橋、石舟橋からの秋の景色を堪能したまではよかったが、ようやくたどり着いた瀬音の湯では入湯制限がかかっており、しかもレストランも閉店していた…あまりの人出にお風呂もレストランも追いつかないということらしい。しょうがないので、無料の足湯につかって足の疲れを癒し、30分に一本程度しかないバスに乗って武蔵五日市に戻ることとなった。

お湯はアルカリ泉らしく、ぬるっとしていていかにもお肌によさそう、そして、めっちゃ足が軽くなった気がした。ぜったいそのうちリベンジ体験してやろうっと
d0195623_18463781.jpg

[PR]
by bel-sogno | 2012-11-20 18:44

ずっこけ人生 カンターレ&マンジャー&アモーレ あと数年で定年を迎える中学校教員です。旅行が好きで、年中どこかに行きたいと心に翼が生えています。写真は念願かなって行けた沖縄のかの有名な斎場御嶽です。


by bel-sogno